アイケアデザイン
光からもっと眼を守る。未来のスタンダードをつくるアイケアデザイン。
健康 長寿 光・ライフスタイル 眼の重要性 アイケア

アイケアデザイン、具体的には

眼の健康・予防の観点から眼鏡レンズを構成する素材・設計・二次加工において、商品化を行い、快適な視生活を提供することです。

健康

2010年度健康づくり、健康意識調査(かんぽ生命保険)では、今一番大切にしたいものは「健康」と33.1%の方が 答えています。また、2014年3月少子高齢社会等調査検討 事業報告書(みずほ情報総研)では、健康とは? の問いに対し、63.8%の方が「病気がないこと」と答えています。近年では健康食品やグッズなどが多く売れるなど、健康への関心が高まっています。

長寿

「人生50年」といわれた時代もありましたが、それも今となっては、昔の話。「人生100年」の時代を迎えようとしています。これに伴って、人は生体を長く使用するということになります。つまり、眼を使う期間が長くなり、疾病リスクから眼を守る健康管理がとても重要になっていくのです。

光・ライフスタイル

破壊されたオゾン層の影響や、日常に散乱する有害光線によって眼はダメージを受け続けています。また現代社会においては、あらゆる環境がめまぐるしく進化し、スマートフォンやウェアラブル端末などの出現で、ライフスタイルも大きく変化しました。これにより時代は「見る」から、意志を持った「視る」に変わりはじめています。つまり今後は、眼に対してさらに大きな負担をかけていく時代になるということなのです。

眼の重要性

私たちの日常生活において、眼は非常に重要な機能を持っています。私たちは『視る』ことで8割もの情報を眼から取り入れています。加齢に伴う眼病、外的要因により視力を失うということは、単に「ものが見えなくなる」ということではなく、「自立した生活ができなくなる」ということになるのです。

アイケア

眼鏡レンズにおいては、紫外線のケアは一般的になっています。現在市場で販売されている視力補正用眼鏡レンズのほとんどが紫外線カット機能付きのレンズです。また近年、紫外線に近い青色光のケアを行うPC用メガネのヒットなどにより、眼の健康に対するニーズは高まってきており、眼の健康について考えはじめてきています。

以上の背景より東海光学は、眼鏡レンズ専門メーカーとして眼の健康を守るという観点から、
光からもっと眼を守る「アイケアデザイン」をスタートします。

アイケアデザイン商品ラインナップ

ルテインを保護する“からだ想いのケアレンズ”「ルティーナ」

レンズ裏面に反射する紫外線を約95%低減「P-UV」

快適な睡眠をサポートする夜専用コーティング「Night Coat」


このページを見た人は下記のページも見ています