初めての遠近両用レンズでの違和感について

東海光学お客様相談室の水谷と申します。

業界初の脳科学を採用して開発した遠近両用レンズにつきまして日経ビジネスやクロワッサンをお読みになられた方から取扱店のご確認のお電話を多くいただいております。その際に今の状況もお聞きするのですが、その中で非常に残念に感じることも多くございました。それは過去に一度遠近両用はおつくりになられたが慣れにくく今は使っていないというものです。

具体的には

  • 足元が浮いて見えふわふわし気分が悪くなった
  • 車の運転時に横目で周囲を見るとボケたりゆがんで見えたりして怖い
  • 見える範囲が狭くなんだかすっきりしない
  • 本読みや手元での作業あるいはパソコン時などで疲れる

それぞれに理由がございますので、少し使い方や見方を変えていただければ解決できることもございます。

【一般的な遠近両用レンズの構造・レイアウト】

  • 遠近両用レンズはレンズの上から下に向かって度数を変化させていますので目線を上下することで遠くからお手元まで見ることができる便利なレンズになります。
  • 目の動きを想定し1枚のレンズの中心部上下方向に遠くから近くの距離に合わせた度数を入れているために周辺部にはどうしても度数が安定していない揺れ歪み部分がございます。

【違和感の原因と対策】

遠近両用レンズは度数が変化しているレンズですので、どんなにゆれ歪みなどを軽減した設計のレンズであっても初めてお使いの場合は今までの見え方と違うと脳が判断するため違和感を感じてしまいますが、使い方を少し変えるだけで慣れやすくなったり使いやすくなったりします。

1. 足元が浮いた感じや、ふわふわし気分が悪くなる。階段も降りにくい。

レンズの下のほうは30~40センチ位の距離のお手元を見るための近方用度数が入っていますが、立って足元を見るときには下目で見るのでどうしてもお手元用の度数の入った部分で見ることになります。これは例えば虫眼鏡で足元を見ているような状態なので浮いた感じに見えてしまいます。このような違和感を少しでも減らすためにはメガネの中心部あたりで見ていただくと違和感は減ります。つまり足元をご覧になるときは、いつもよりも少しあごを引いて見るように心がけるということになります。

2. 車の運転時にサイドミラーや周辺の景色がぼけて見え、運転しづらい

横方向を見るときは度数の安定していないレンズの周辺部で見てしまいがちなので焦点が合いにくく、ボケて見えたりゆがんで見えたりすることがございます。その場合はいつもよりあごを少し引き気味で横をご覧になることで安定した部分で見ることができます。またいつもよりも顔を左右に動かすことを意識していただくことで見る位置が少し内側に入り、この場合も度数が安定してきますので違和感を減らすことができてきます。

現在販売させていただいています最新の「脳科学を取り入れた遠近両用レンズ」は、このような違和感を減らすための設計や脳が感じるストレスを減らす設計になりますが、それでも最初は違和感がございます。ただ、非常に慣れやすいし使いやすいレンズになりますので上記の点など参考にしていただきながら快適にご利用していただきますよう心より願っております。

商品や取扱店のお問い合わせは

◆お電話の場合
お客様相談室 0564-27-3050
受付時間:月曜日から金曜日の10時から17時まで
(祝祭日、GW、お盆、年末年始を除く)

◆メールの場合
メガネレンズに関するお問い合わせはこちらです。

次回のワンポイントアドバイスは「紫外線(UV)の眼への影響とその対策」です。

2011年 6月 初版

脳科学メガネレンズ
あっ!?これが脳科学メガネレンズ 違いがわかる、心地よさ。

遮光眼鏡

オーバーグラス

シニアレンズ

調光レンズ・偏光レンズ

機能カラー

機能コーティング

その他

人気記事TOP10

このページを見た人は下記のページも見ています
?>