機能レンズの知識と用途
遮光レンズとその特性

一般的に、まぶしさを取り除くためにサングラスを用いることが多くありますが、サングラスを用いることにより、光量を落とすことが出来ても、まぶしさを完全には落としきれません。目に入る光量の不足からコントラストの低下を引き起こすことがあります。これらが起こる要因として、400nm~500nmにかけての、青色の波長光があげられます。

光の波長

光の流れ

青色の光は、図1のように可視光線の中でも波長が短く、エネルギー量も大きいため、乱反射の原因や網膜に対する影響が大きくなり、そのためまぶしさや、網膜障害や角膜障害当の原因にもなります。

遮光レンズ「CCP・CCP400シリーズ」は、網膜色素変性症 糖尿病性網膜症 緑内障 白内障など、網膜・角膜などの障害により、まぶしさを感じるお客様への商品提供を目的に作られました。

CCPの透過率グラフ

遮光レンズでは、これら散乱光の原因ともなる短波長をカットし、目の中に入る光を選択します。グラフ1は、実際の遮光レンズCCP-OYの分光透過率曲線になります。このグラフを見ていただくと、350nm~500nmにかけてカットされている事がおわかりいただけると思います。

また、短波長をカットし、中波長から長波長を通すことにより、コントラストを高めることが出来、機能レンズとして必要とする『ハイコントラスト効果』を得ることが出来ます。

機能レンズとしての効果とその特性

通常の状態
通常目の中に進入する光は、水晶体で短波長をある程度カットし、まぶしさを和らげています。
通常の状態イメージ図

無水晶体眼
白内障などで水晶体を取り除いた場合、青色の光線がそのまま進入し、まぶしさをより感じます。
無水晶体眼イメージ図

機能レンズ装用
機能レンズにより、目に入る前に短波長光をカットし、まぶしさを抑えます。
機能レンズ装用イメージ図

機能レンズの用途

眼疾患の方への遮光レンズ「CCP・CCP400シリーズ」を、個々のカラーの特性をいかし各用途に合わせた機能レンズとして、一人ひとりに最適なレンズをお選び頂けます。

各シーンに合わせた19色のフィルターレンズを用意いたしました。