レンズの3要素
屈折率

光は同じ物質の中を通過する限りは、基本的に直進します。“同じ物質の中を通過する限りは”というのは、たとえば空気なら空気の中を進む限りはという意味です。

光はある物質から別の物質に入るときには境目の部分で曲がってしまいます。これを「光の屈折」といいます。

光の屈折の説明図

この光の屈折は光がとおりぬける物質によってどのくらい曲がるかに違いがあります。この違いを数値で表現したものを「屈折率」と言います。

アッベ数

白色光がプリズムを通過すると、色分解されて虹色のスペクトルを生じます。この色の帯の幅を色分散といいます。そして、この色分散の大きさを表す量をアッベ数と呼びます。アッベ数が大きいほど色分散は少なくなります。アッベ数の低いレンズほど周辺部に色がついて見えるので眼鏡レンズとしてはアッベ数が大きい方が良いです。一般に高屈折率の素材になるとアッベ数は小さくなる傾向があります。

光の分散の説明図

比重

比重とは、物質の密度と水の比、つまり2つ以上の異なる物質の同体積における重量を比較する時に用いられる数値です。この数値が小さければ小さいほど軽いことになります。下図の場合、従来のプラスチックレンズ素材は、水の1.32倍の重さがあることになります。

比重の比較

実際のところ、以上の3要素が全て整うということは無く、屈折率が高い素材は比重が大きくなる傾向があります。またアッベ数が小さくなったりもします。