老視
老視

中高年になると、新聞や本などを読みにくくなったり、遠くへ離さないとよく見えなくなったりする症状です。これは、目の中の水晶体が、見るものにあわせて厚みを調節できていたものが、年齢に伴い水晶体の弾力性がしだいに少なくなり、近くのもにピントが合わせづらくなるためおこります。


イメージ写真