乱視
乱視

角膜や水晶体が正しい球面になっていないために、目の水平方向と垂直方向との屈折力が違い、焦点が異なってしまいます。そのため、点を見てもそれが筋のように見えてしまいます。


イメージ写真