近視と遠視
正視

遠くをぼんやり見たときに、遠くから来る光がカメラで言うフィルムあたる網膜の上で、像を結ぶ状態を『正視』といいます。近視、遠視、乱視はいずれも目の屈折異常や、その他の要因のため、網膜上にはっきりした像を結ぶことができないものです。


イメージ写真

近視

角膜、水晶体の屈折力が大きいか、眼軸が長いために、目の中に入る光が網膜より手前で像を結びます。そのため、網膜上で像がぼやけてしまう状態をいいます。


イメージ写真

遠視

角膜、水晶体の屈折力が小さいか、眼軸が短いために、目の中に入る光が網膜より奥で像を結びます。そのため、網膜上で像がぼやけてしまう状態をいいます。


イメージ写真