目とメガネの豆知識

あなたの生活に役に立つ、目とメガネにまつわる豆知識をお届けします。

近視の話

近視は日本人にたいへん多く、文部省学校保険の統計によれば、小学校で15~18%、中学校で20%以上、高校では50%、大学になると60%以上とあります。日本失明予防協会がVDT検診をしたところ、ワープロ・パソコンで仕事をしている人の80%近い人たちが近視だという統計が出ました。

我が国では、明治30年に目本眼科学会が発足してから、近視間題は重要課題とされ研究されてきましたが、いまだに近視の真の原因や、なぜ進行ずるのかはわかっていません。原因説は諸説紛々で、確定的なものがありません。近視は疾患であるという学者もいれば、疾患でないという人もいて、いまだに決定的な学説がなく、盛んに論議されていますが、軽度の近視は今のところ器質的疾患(組織が病的に変化する病気)ではなく、機能的疾患(組織の働きに異常が起こること)という説が有力です。これとは別に器質的変化を伴った強度近視があり、日本失明予防協会と厚生省との合同調査では、日本における失明の原因の第5番目にあげられていまず。

近視発生の原因はともかくとして、近視になったら進行しないよう、無理な目の使い方には十分な注意を。最近は、パソコンやゲームなどで目を酷使することが多くなっているので、長時間目を使うのは避け、途中で休ませるなど気くばりが必要です。

近視の詳しい説明はこちら 『近視と遠視』

目玉だけでは、まだ見えない。視力と脳は仲よしコンビ

生まれたとき、目玉の構造は完成しています。でも、まだ見えません。6歳で、脳がほぼ完成。この時、視力もほとんど完成。視力は、脳の発達とコンビを組んで、上がってきます。でも、強い遠視や近視、乱視があると、一大事!ボヤケた映像しか目に映らず、脳とのコンビもすれ違い。視力がうまく発達しません。6歳までに、メガネやコンタクトレンズを使うことが、ぜひ必要。脳が完成してからでは、遅すぎるのです。

おしゃれだけでは、もったいない。カラーレンズ、大活躍

カラーレンズは、色によって、それぞれ“得意分野”を持っています。おしゃれな外観だけでなく、役に立つ“性格”を熟知して、使いこなしたいものです。

●黄色いレンズ
黄色いレンズは、見え方を明るく鮮明にしてくれます。曇天、霧の日の運転やスキー、ハンティングにも便利。

●ブラウン系のレンズ
強い日差しの下では、まぶしさを防ぎ、熱線もカット。日陰でも明るく見え、用途の広いレンズ。

●グリーン系のレンズ
短波長の紫系の色、長波長の赤系の色、両端の色の吸収率が高いので、ソフトな感じに見えます。

●スモーク(青灰色)のレンズ
可視光線の全域にわたって、均等に色を吸収。全体に暗くなりますが、明るいところでは色の区別が楽になり、まぶしさも押さえます。目にソフトな感じを与えるレンズです。

高機能フィルターレンズ カラーバリエーション

あなたのメガネが大丈夫? 意外に知らないメガネのチェック・ポイント

メガネはただかけているだけでは、効果は不十分。正しく調整されたメガネを、正しくかけてこそ、ものがはっきり見え、疲れることもありません。あなたのメガネは大丈夫?

●メガネをかける時のチェック・ポイント
・フレームに適切な傾斜がついて、レンズが見る方向に向いていますか?
 傾斜の角度は、遠くを見るメガネで12°、近くを見るメガネで15°くらいが適しています。
・目とレンズの距離は12mmになっていますか?
・目の中心とレンズの中心の位置は、一致していますか?
・見る時はレンズの中心で見ていますか?
 累進多焦点レンズは、特にこれが重要です。

●正しく調整されていないと、こんな影響が…
・フレームの傾斜が適切でなかったり、レンズが見る方向に正しく向いていないと、映像がぼやけたり、ゆがんだり…。
・目とレンズの距離が12mmになっていないと、本当の度数よりも弱くなったり、強くなったりします。また、この距離で視野の広さも変化。レンズが1mm離れるとフレーム1サイズ分視野が狭くなり、近づくと広くなります。
・鼻メガネのように、ずり落ちた状態でメガネをかけると、レンズの中心で見ないので、ぼやけたり、ゆがんだり…。うまく見ようとして目を下に向けたり、両目を内側に向けたりして、目に余分な働きをさせるので、疲れの原因にもなります。

万能ではない多焦点レンズ。使い分けてこそ、もっと便利、さらに快適

遠くから近くまで見える累進多焦点レンズは、ひとつのメガネで生活のほとんどがカバーでき、とても便利。ところが…。メガネに慣れたころ、「何だか、最近、本を読んでいると疲れてしまう。度数は合っているはずなのに…」という方がいます。遠近両用レンズで本を読むには、目線をいつも下に向けていなくてはならず、見やすい範囲も狭いのです。長時間読書をすると疲れてしまうのも、無理はありません。

どんなレンズにも、それぞれ、見えやすい所と見えにくい所があります。すべてをひとつのレンズですますのは、目にとっては大きな負担。見づらい所は別のメガネで補うのが、目にやさしい生活です。ライフスタイルに合わせて、メガネの使い分けをしてみませんか? 見やすいメガネが、生活をもっと快適にしてくれます。

シニア用メガネレンズの見え方はこちら

オゾンホールが広がる時代。目にも紫外線対策を

地球的規模で進む環境汚染。オゾン層の破壊。ふりそそぐ紫外線の量が増加し、体への悪影響が心配されています。大量の紫外線は、目にも大敵! 角膜や水晶体に害を与えます。スキー場や海岸で、直射日光や反射光に長い間さらされると、紫外線が角膜を傷めます。紫外線を大量に出す溶接バーナーなどでも、角膜や結膜に激しい炎症が起こります。
また、紫外線は白内障の原因になるともいわれています。こうなると、紫外線よけのメガネは、環境汚染時代の必需品! 有害な紫外線をほとんどカットするUV400レンズが登場しています。紫外線カットには透明なレンズや、いろいろな種類のレンズが販売されています。紫外線カットに強いと思われているサングラスに、ほとんどカット機能がないこともあるのでご注意を!

目を守る紫外線対策はこちら

涙が出る、赤くなる…。目にもつらい花粉症のお話

最近、とみに増えてきた花粉症。とくに春先に多く、くしゃみ・鼻水などのほか、かゆみや涙目など、目にもやっかいな症状が出現!「もう、春が来るのがつらい」といった嘆きがあちらこちらから聞こえます。花粉症は、おもに2~4月ごろから飛ぶスギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉が、それにアレルギーを持つ人に作用して起こります。前年の夏が暑いとスギ花粉などの量が増えるので、ご注意を!

花粉が目に作用すると、アレルギー性結膜炎を起こし、鼻なら鼻炎症状、気道なら気管支ぜんそくなど、いろいろな症状があらわれます。カモガヤによるものが症状が重いようです。アレルギーは、原因となるものからできるだけ遠きかることが、もっとも確かな予防策です。とはいえ、いたるところに舞う花粉から完全に逃げ切ることは不可能。できるだけ早い時期に、眼科などを受診して、自分に合った薬を処方してもらうのがおすすめです。

メガネで医療費控除。それは、こんな場合です。

眼科医による医療の一環として装用するメガネ、コンタクトレンズは、医療費控除の対象になるのをご存じですか?

ふつうの近視や乱視は、医療費控除の対象にはなりませんが、以下のような病気が、対象疾患として指定されています。
・疾病名
  弱視
  斜視
  白内障
  緑内障
  難治性疾患
  調整異常
  網膜色素変性症
  不等像性眼精疲労など9疾患

●医療實控除を受ける際の注意点
1.眼科医の処方箋により眼鏡店で作ったものが対象になります。眼鏡店に直接行って作ったものは、控除になりません。
2.家族の全眼鏡代、全治療費(眼科だけでなく、他科のものを含めた合計)、病院・診療所に行くのにかかった交通費、つきそいの人の費用や交通費の合計額のうち、10万円を越えた金額が医療賓控除の対象になります。
 例:眼鏡を含む全治療費の合計額が15万円の場合 15万円 - 10万円 = 5万円
3.医療費控除は、治療した翌年の確定申告時(2~3月)に、税務署に申告してください。
4.眼鏡で医療費控除を受けるには、厚生省で指定した処方箋(眼科医が交付)と、眼鏡店の領収書が必要です。

遮光眼鏡 補助額についてはこちら